グルメ

エビフライ自販機があるEBI研究所(佐賀)の場所・店舗情報・お取り寄せを紹介

佐賀にエビフライ自販機があるとニュースになっていたので、気になったので調べてみました。

エビフライ自販機を設置したのは、佐賀県上峰町の2019年5月創業のエビフライ専門店EBI江口魚株式会社 EBI研究所さん!
エビフライといえば名古屋を思い浮かべる人が多いと思うのですが、首都圏や名古屋から逆指名があるほどの人気なんです。

プリプリの食感がとてもよく美味しいと評判で、1日約1200本のエビフライを製造し、2020年度は約29万本を売り上げました。

エビフライ自販機があるお店の場所・店舗情報、お取り寄せなどを調べてみましたのでご覧ください。

エビフライ専門店 EBI研究所へのアクセス・店舗情報

車の場合、東脊振ICより10分程です。

吉野ケ里公園駅より徒歩で25分弱です。
車だと5分程です。

エビフライ専門店EBI江口魚株式会社 EBI研究所
住所:〒849-0123 佐賀県三養基郡上峰町坊所3028-1
TEL:0952-48-0343
営業時間:11:00~18:00もしくは無くなり次第終了
定休日:日曜日・月曜日
駐車場:10台分あり
HP:https://eguchitanoshika.com/company-information/ 

お取り寄せ

エビフライ専門店 EBI研究所さんのHPよりお取り寄せすることが出来ます。

但し、大人気の為、注文すると(2021.4.11現在)発送は5月になります。
発送時期は、HPで確認してくださいね!

金額

神えびフライ5尾 1500円(税込)
えび姫5尾 1450円(税込)
海老の神開き5尾 1300円(税込)
フィッシュ棒500g 1000円(税込)

海老セットMサイズ 4000円(税込)
海老セットLサイズ 8000円(税込)

お取り寄せはこちら

EBI研究所のエビフライ

EBI研究所さんでは、エビの食感を重視し、下処理で筋切りなどをせず、曲がったままの見た目から、商品名は「おどるえびフライ」

店頭販売に加え、町のふるさと納税返礼品にもなっています。

EBI研究所さんのエビフライは、厳選したブラックタイガーを使用しており、縞模様が透けて見えるほど衣が薄いんです。

ほどんどエビの身でプリップリです。

大人気の為、売り切れてしまうことがあるので、店舗まで買いに行く場合は、早めに買いに行くか、事前に電話しておくといいですよ(^^)

近くだったらすぐに買いに行きたいぐらいです!!

エビフライ自販機

2020年4月9日に、エビフライの自販機販売を店舗脇で始めました。

エビフライ専門店 EBI研究所さんの自販機は、新型コロナウイルスの感染予防対策として、また営業時間を気にせず買いに行けるように設置しました。

自販機で買えるエビフライ(冷凍)は、無頭10本入 2300円、有頭5本入 1200円です。

レースハンカチ・マスクの自販機(横浜駅)が大人気!種類や通販は?レースのハンカチやマスクの自動販売機が京浜急行電鉄 横浜駅の上りホーム(2番線)にあるとツイッターで話題になっています。 横浜元町...

まとめ

エビフライ専門店 EBI研究所さんの場所・店舗情報、お取り寄せ、エビフライ自販機を紹介しました。

海老好きな私にとって、凄く惹かれました^^;
お近くにお住まいの方は、是非買いに行ってみてください。

私のように遠方の人は、暫く待つことになりますがお取り寄せしてみるといいですね!

『ひだまりブログ』の管理人Miiでした。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m